« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

短パンにサンダルのライダー達

所用で、ベトナムの「ホーチミン市」に行って来ました。

今回ホーチミン市(旧サイゴン)とその周辺で見てきた限り
現地を走るバイクの台数はハンパじゃなく凄いです!

Cimg1582_2

バイクだらけ!


ライディングファッションは、表題通り 「短パンにサンダル」
しかし1年前からヘルメット着用が義務付けされて、ほとんどの
ライダーはヘルメット装着してます。

Cimg1641

あらゆる輸送の足も

バイクです。

Cimg1642

空気抵抗には負けません!


「ライコランド」や「ナップス」の無いホーチミン市では
ヘルメットは道端で売られています。
(コンビニもデューティーフリーももちろん有りませんが・・)


TDも現品見てきましたが、樹脂の帽体の内側に布の内装が付いてるだけ
「バカヘル」ならぬ、「大バカ・スーサイドヘル(命名TD)」です。
ちなみに価格は200~500円程度!!

Cimg1686

「過積載」と言う言葉は

この地にはありません。

Cimg1687

生活の足です。


なんでも政府高官の息子が現地でヘルメット会社を運営してて
その影響でヘル着用が法令化されたとか・・さすが社会主義国家!

そんな訳で、だれも「安全の為」では無く、「ようは付ければOK」と
言う感覚でのヘルメット着用です。

Cimg1694

バイク無しには生活が成り立ちません。

Cimg1702

3人乗りなんて当たり前。


中にはそこそこ安全性高そうなアライを装着しているライダーも
いましたが、よくよく見るとAraiそっくりなロゴでネームは
「Asia」でした・・現地価格500円です。

Cimg1758

すばらしいライディングテクニック!!


電車など、公共交通機関のほとんど無いホーチミン市では
通勤・商売・娯楽等、すべての庶民の移動手段はバイクと言えます。

Cimg1759

積荷はホノボノした感じ。


今現在ベトナム国民が最も必要と考える日用品は「バイク」だそうで
市内の道路には数え切れないバイクが走り回っています。

Cimg1701

重そうです。



ホンダやヤマハのバイク(100cc位)が、現地価格約10万円
しかし2002年頃から日本製をコピーした中国製バイクが
約5万円程度で発売され、爆発的に販売台数を伸ばしています。
(すべて現地ベトナム生産です)

しかし、現地の平均月収は1万5千~せいぜい2万円程度
まだまだ庶民には高い買い物に違い有りません。

Cimg1690

経済支える大切な足。

現在ガソリンは1リッター60円

現地平均収入から考えると

かなり高額と言えるでしょう。



現在人口800万人のホーチミン市で、登録されているバイクの
台数は400万台以上、しかも毎月1000台の新車販売が続いている
との事で、町中溢れんばかりのバイクの数です。

TDは、昨年20年ぶりに台湾(台北)を訪れ、バイクの利用環境や
インフラの整備状況にビックリしましたが↓・・・
http://an-evil-father.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_35df.html
残念ながらベトナムでは、インフラ整備は全く遅れています。
歩道は駐輪バイクで溢れ、歩行者はやむなく車道を歩くありさま・・。


3人乗りなどあたりまえ、4人乗りも沢山走っています。
道路交通法なんて有りません、だれも信号守りません
一方通行どころか、片側3車線の広い幹線道路でも
路側帯寄りの車線では大勢「逆走」しちゃってます。
だいたい大きな交差点でも歩行者信号など有りません。

Cimg1695

4人乗りも多く見られます。

もちろん法律上は、バイク2人乗りまでですが・・。

Cimg1706

家族皆でバイク移動。



どんな大きい荷物でもバイクで運んじゃうし、赤子を片手で抱いて
70Kmオーバーのスピードでかっとんで走ってます。

Cimg1700


初日・2日目と、見るだけでも「ヒヤヒヤ」でしたし
まして歩行者として交差点を渡るだけでも「命がけ」だったですが
3日・4日と過ごす間に、だんだんTDも慣れてきて、むしろ
彼らベトナム市民のパワーに圧倒されてきました。
ホーチミン市民の足は、すべてバイクです。

Cimg1646

古い3輪車。


たかが100cc程度のバイクに、多くの人や荷物を積んで
交通法規など関係無く、縦横無尽に走りまわってます。

とてつも無いパワーです!!

Cimg1649

ドピュ~ン!


車もバイクも、走行中はクラクション鳴らしっぱなしなので
めちゃくちゃウルサイですが、3日位で慣れちゃいました。

ノーヘルも多いですし、市内から60Kmほど離れた農村では
「どう見ても小学か中学生」に見えるライダーも大勢走ってました。
(法律的には18歳~しかし無免許多数との事)

法律的には違反ですが、警察もすべて「袖の下」しだいだそうで
ノーヘル罰金1200円・信号無視罰金3000円だそうですが
交通違反で警官に検挙された場合、ひたすら謝ってご機嫌を取り
「ところでお疲れでしょうからコレでコーヒーでも飲んで下さい」
と言って、罰金の25~50%の賄賂でお咎め無しなんだそうです。

TDが見た「白バイ」は、すべてホンダの250ccでした。
たまたまTDが写真に収められたごく一部のバイク達ですが
いかに現地の生活に必要かつ密着しているか想像可能カモ・・。

1500ccのバイクを、「遊びだけ」の為に乗り回している
我々とはちょっと感覚が違うかも知れません・・。

ただし、現地日中の気温39度、ハーレーはまったく役に
立たないバイクだとおもいます (^^;)
自転車も、歩行者も・・皆さん頑張っています (^-^)

Cimg1626

重そうだ~!

最近日本じゃ見ない「天秤棒」も

ベトナムでは現役です。

Cimg1628

けっこうキレイなお姉さんでした。

TDは今回「戦争記念館にも行きましたが

過去に行った同様の施設と違い、しっかりと

思想教育された説明内容で、ちょっとガッカリでした。

Cimg1604

米軍の戦車。

メコン川に行って来ました。

今は日本のODAで立派な橋が架かってますが

現地の人に聞いた所、ODAの半分は政府高官のポケットへ・・

残り半分が実際に庶民の暮らしの為に・・。

社会主義国家の実情は、なかなか厳しいようです。

Cimg1735

メコン川と去年完成の橋。

この話、もう少し続くかも・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月22日 (日)

TD1号タイヤ交換

1年に、平均1万Km走行しているTD1号ですが

前回のタイヤ交換から約1年、特にフロントはそろそろ

スリップサインが出そうな感じでタイヤ交換時期になりました。

新車から約1年で初めて交換した時以来

ダンロップGT502を2セット連続使用してますが

今回も同じGT502を手配しました。

このタイヤ、グリップ性能が高く、リアは180と太くて

カッチョ良いのですが、いまひとつ経済性には難ありなような・・

しかしカッチョ優先のTDは、なんと言ってもタイヤ側面の

「スクリーミンイーグル」の文字にホレこんで入るので

今回も迷いは有りませんでした

たまたま西東京Dラ~の「創業感謝祭」で

「愛車のメンテを体験しよう」・・と言うような

イベントが有り、好奇心強いTDは早速応募

今回フロントタイヤを自分で交換します。

もちろんちゃんと 「マスターオブテクノロジー」 の

メカニックさんがしっかりサポートしてくれるので

帰る途中に 「タイヤがはずれて大転倒」 なんて事は

心配有りません

まずは要領のレクチャー受けて、キャリパーを外して

ホイルをフォークから取り外します。

Cimg15542

ココを外してっと・・

しかしリフトに乗せていると作業が楽ですね~

下から覗くと、日頃手の入らない部分がずいぶんと

汚れているのが判ります。

Cimg1558

無事取り外し。

さてホイルが外れた所で、タイヤチェンジャーの

使用法をしっかり学びます。

操作を誤ると危険ですし、大切なホイルに

キズなど付けたら自殺モンです

Cimg1559

グリグリッとね~

その昔、自分でタイヤ交換した時にビートが落ちず

汗だくになったあげくタイヤレバーでリムにキズ付けて

がっかりした記憶がよみがえりましたが..・・

いや~あっけないほど簡単です。

タイヤ外してホイル内側を確認すると

けっこう汚れています。

Cimg1560

ココに異物が有ったりすると、後でエアリークの

原因にもなるので、しっかりキレイにパーツクリーナーや

アセトンやポリッシュクリーナーでお掃除します。

Cimg1561

ピカピカに!

ついでなんで、ブレーキダストで汚れたホイルを

しっかりキレイに磨きまくりました

日頃まったく洗う事の無いフェンダーの内側も

この際キレイにしちゃいましょう。

Cimg1563

フォークのアウターチューブも

けっこう汚れていました。

と言う訳で、タイヤ交換後は取り外しと逆の手順で

ホイルを車体に取り付けます。

すべてのボルトは締め付けトルクが規定されてますが

さすがにDラーのメカさんは、すべて記憶していて

テキパキとトルクレンチをセットします。

文章にすれば簡単ですが、実際はかなり気を使い

メカニックさん張り付きで指示してもらって無かったら

ちょっとシロウトのTD一人じゃ出来ません

取り付け後、お気に入りのスクリーミンのマークに

ホワイトペイント入れましたが、老眼のTDには

キレイに塗るのはとても無理そうだったので

N店長に泣きついて変わりに作業してもらいました。

Cimg1564

店長みずから・・。

全作業終了後、しっかりメカニックさんが各部締め付けや

作動も最終チェック、最後は試乗確認まで

とっても貴重な経験になりました。

Yメカ・N店長他皆様、ありがとうございました~

日頃は 「工賃高いな~」 なんて思っていましたが

作業内容や道具設備、そして細心の注意でお客さんの

ハーレーを取り扱う内容考えたら、安易に 「高い」 とは

言えませんね~

ちなみの今回の作業 「TDさんが自分で交換したから

工賃は無料です」・・・・バンザ~イ

オマケ

同じ企画でオイルクーラーを自分で

取り付けたミスターさん。

Cimg1545

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年3月13日 (金)

TD2号も1万Km

06年の夏に購入し、娘がツーリングに使ったり

最近では息子が通学に使ったり・・

チョイ乗りが多く出動回数が一番多いわりには

あまり走行距離が増えていなかったTD2号ですが

昨日都内チョイ乗り中に、めでたく1万Km達成しました

Cimg1528 Cimg1530

利便性や経済性を考えると、250cc単気筒のTD2号

(カワサキ250TR)は、我が家でもっとも活躍してます

そろそろリアタイヤの磨耗も限界近いし

ブレーキ等の消耗も確認してやらないと・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »