« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月25日 (水)

ディスクロック入れるにはもったいない!

近隣でもバイク盗難の多い都市部に住むTDは

自宅ではもちろん「キタコロボットアームHD」とか

「衣川カテーナ」といった、強固な盗難対策グッスを複数使用し

TD号をSMチックにチェーンぐるぐる巻きで地球ロックしてます。

TD1号購入直後は、これらチェーンを体に「たすき掛け」して

移動し、出先でも地球ロックしてましたが・・(ウソ)

実際の積載性や利便性を考えると、これらを持ち歩くのは

とてもムリ、もっぱらVECTOR社のディスクロックを

移動先用に愛用しています。

Cimg1493

VECTOR

このディスクロックは、振動や衝撃でアラームが鳴りますし

ブレーキローターだけでなくホイルのスポーク等にも装着が

可能なので、TD1・2・3号、どれでも適合OKな優ものです。

しかし・・標準で付いてくる専用ケースは、ナイロン製でペラペラ

今ひとつ「カッチョ良く」有りません。

そこで、TD御用達の革職人「seiちゃん」に、ケースの特注を

お願いしておきましたら、本日素晴らしいケースが宅配で届きました!

seiちゃん⇒http://homepage2.nifty.com/td-an-evil-father/sei.htm

Cimg1494

Dロック入れるだけじゃもったいない!

いや~、さすが鹿沼の革職人「seiちゃん」です

車両取り付けの自由度も高く、とにかく見かけもGOOD!

Cimg1495

VECTORを入れてみると

ピッタリのサイズです

本人にお礼のTELした時に聞きましたが、中に入れるモノと

その取り付く場所を考え、厚めにスイた革で頑強な作りに

されたとか・・・さすが職人、米作りと革製品には、多いに

こだわりを感じさせる逸品です

TD1号のハイウエイペグのバーに取り付ける事を考えてましたが

雨水や泥はねの多い部分なんで、ちょっともったいない気もします。

かといって、ディスクロックを腰につけるのも・・・

Cimg1496

Dロックホルスターってか?

取り付け場所は、利便性を考えながら

ゆっくり検討してみます。

鹿沼のseiちゃん、ありがとネ~

オマケ

一緒に届いた「革製」の

Cimg1492

リップクリームホルダ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

総勢70台の大マスツーリング

TDは一応HOGのメンバーですが、今までチャプターの

イベントにはあまり参加してません。

TD1号購入直後に参加した 「城ヶ島ツー」 の時

多くの台数参加して、色々なハーレーが見れて

面白かったのですが、隊列途中で道を間違えてしまった方などの

トラブルで思ったほど走れず、合流待ち時間が長くてゲンナリしてしまい

毎年 「ブルスカ」 でチャプターの皆様と親睦させて頂く以外

ほとんどイベントには不参加でした。

しかし今年初めての 「成田山交通安全祈願ツーリング」 では

Dラ~のN店長から携帯にもお誘い頂き、久し振りに

参加させて頂く事にしました。

Cimg1414

ずいぶん大勢集まってます。

とても2月中旬とは思えない温暖な日曜日、湾岸幕張に

集合したら、数え切れない多くのハーレーが集結してます。

ブリーフィングの後に一斉に走り出しますが、何と今回の

参加は合計70台との事、先頭としんがりは数キロ離れての移動です。

今回はタンデムでは無くTD1人での参加なので

TD1号ローライダーで行こうかと思ってましたが

TD息子が当日1号使用予定との事で、急遽

TD3号で出撃しました。

同じFLHTCU3-CVOが他にも2台、カスタム情報交換等

やはり一緒になり話し込んでしまいます

Cimg1417_2

FLHTCU3-CVOが3台。

最近は気心知れたいつものメンバーで

ツーリングに行く機会が多くなってますが

久し振りに多くのチャプターメンバーの方々との

交流は、なかなか楽しいですし、日頃知らない

色々なカスタムなども見聞きできて刺激的です

タンク・フェンダーまですべてクロムメッキしちゃった

ストリートボブです。

Cimg1419

ピッカピカ!

オーナーさんの話では 「真夏は太陽の照り返しがまぶしい」

ので、とても耐えられないとか・・

Cimg1420

撮影するTDが写りこみ

目的地 「成田山」 でも、さすがに70台もの

ハーレーの駐車は圧巻です。

Cimg1428

ハーレーで駐車スペースを

ほとんど埋め尽くしてます。

これだけの台数・参加者をまとめ、事故やトラブル無く

オーガナイズされた主催者の方々、御疲れ様でした。

Cimg1431

解散MTG.

今年は、ブルスカ以外のイベントにも

もう少し積極的に参加してみたいと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

ピカピカ洗車

昨日はとても2月とは思えない陽気、皆さん走りに行ったかな

午前中用事が有って、走りには行けませんでしたが午後から先日の房総ツーの雨で汚れたままだったTD1・3号を洗車しました。

Cimg1400

ちょうどハーレー洗い終わった頃に、練習終った息子が2号で帰宅
日頃通学の足バイクでほとんど手入れするヒマも無かった2号ですが
スポークまで磨いてバリアスコートで仕上げ。

Cimg1405

シコシコ洗車

Cimg1407

久しぶりに

2号もピカピカ

Cimg1406

ガラスコートのお陰で

3号の手入れは楽です

久し振りにTD1・2・3号全車ピカピカになりました~ o(^v^)o

Cimg1411

カッチョ良い~

日曜日も暖かいみたいですネ

ちょっと走る予定です

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

房総「リベンジ」ツーリング

天気のせいで車参加だった千葉新年会のリベンジで
房総方面にツーリング。
祭日と水曜日が重なったので、今回はHideさんも参加です。

千葉東金道の待ち合わせ場所にTD1・3号で到着しましたが
どうも雲行きは怪しい感じ「雨降りそうだね~」

111

どうやらヒラさん、バイク磨いてきたらしい・・

しばらく走っていると、やっぱり雨が降って来ました・・ (>_<)
今回もやはりヒラさんのジンクス大当たりです。

小降りでカッパを着るほどでは無いようですが、ここは
もうひとつのジンクス「Ariさんがカッパ着ると雨が止む」に
かける事にして、いやがるAriさんを皆で押さえつけて
無理やりカッパを着させます(笑)

222

すると皆の期待通り、雨も上がり日までさしてきました!
Ariさんには帰るまでカッパ脱がせないようにしないと・・。

その後は快調に走行です。

TD1号に乗るTD息子もごきげん走行

333

遅れて参加のKitaさん号も合流、総勢9台です。

444

いちだい号とTD3号
CVOのランデブー走行です。

555

当初美味しい魚介類を食べる予定でしたが
血糖値の下がったTakaさんが
「腹減った~!」と叫ぶので、早めに
「お肉屋さんの経営するレストラン」で
昼食にになりました。

さすが房総を熟知した幹事の「メガスピ」ちゃん
ちゃんと食後のデザートととして、美味しい
ソフトクリーム屋さんに向かいます。

777

たっぷりと血糖値を上げて満足そうな
「Taka・Hide」メタボのお二人。

888

天気も心配だったので、当初の予定をちょっと変更
早めに道の駅で解散する事になりました。

999

TD1・3号は、海ほたるでちょっと休憩。

1010

TD1・3号2台でこれだけ走ったのは初めてかな?

いつもながら、房総熟知の幹事「メガスピ」ちゃん
参加の皆様、御疲れ様でした~!

追伸
次回の幹事は「Ari」さんらしい・・
取り合えず天候に関係無くカッパで参加してもらいましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

興奮しちゃったXR1200試乗

まだ学生の分際にも関らず、最近TD1号に乗る事の多い
TD息子ですが、まあ家に有るバイクに乗るのは良しとしても
20歳と言う年齢の為に、気絶しそうな多額の「任意保険」の
掛け金を払っているTDは、青息吐息状態です (>_<)

TDと息子は身長差が12cmも有り、息子の靴のサイズは
29cm!どう考えても同一のバイクではポジションが合いません。

特にリアブレーキぺダルの高さや、チェンジペダルの位置など
設定がかなり窮屈だとの事。
ブレーキはリンケージに調整可能な部分が有るので何とか
なりそうですが、チェンジペダルは取り付け部分にギザギザが有り
1ノッチごとの上下高さの変更になります。

色々確認した後、はたして1ノッチでペダル先端に何cm位の
上下変化が有るのか確認する為、いつもお世話になっている
西東京Dラ~さんにTEL確認してみました。

TD号の主治医Yメカは不在だったので、同じくマイスターの
Tメカに確認、どうやら1ノッチでペダル先端で2cm位の
大きな上下変化になるみたいです。

「TDさん、結構振動などの影響で取り付けボルトが緩んだりしますから
もし良かったら来店して下さい、やってあげますよ~」との
言葉に甘え、調整依頼に強風の中ドコドコTD1号で行ってきました。

結局Tメカと相談しながら、左チェンジペダルを1ノッチ下げて
右Bペダルのその高さに合わせ調整してもらいました。
(西東京Dの皆様、ありがとうございました~!)

Cimg1355

さて、調整も終った所で、N店長から魅力的な囁きが・・
「TDさん、XR1200の試乗車乗ってみませんか?」

西東京Dラーで、XR1200を試乗車に降ろしたとの事で
早速ご好意に甘えて準備整えます。

「今日この後は試乗予約は無いので、好きなだけ乗って下さい」と
N店長に送り出され、青梅街道を一気に加速!

さてさて、下記はあくまでTDの主観に基づく感想なので
適当に読み飛ばして下さいマセ。

Cimg1357

第一印象・・「速い」です!
跨っただけでも、その雰囲気は他のハーレーと違いますし
バックステップのポジションは「やる気」にさせます
かと言って、TDのメタボ腹でも苦しく無い程度です。
速度計がデジタル表示なのも、ちょっとハーレーっぽく無く
斬新な感じですね~。

ただし、停車時ちょうど足を下ろす位置にステップが有るので
体形によってはちょっと足付きに問題出るかもしれません。

エンジンは、とにかく「回せ~!」と言ってくる感じで
ラフなスロットワークでは振り落とされそうな勢い
特に3000rpm~4500rpmはかなりの加速感で
そのまま6000rpmまで一気に吹け上がります。
レッドゾーンは7000rpmですが、実用域は恐らく
5500rpm位ではないでしょうか。

5速1200rpm(40km/h)でも一応トコトコ走りますし
5速1850rpm(60km/h)からアクセルを開けていっても
しっかり加速が付いてきます。

Cimg1359

吸気音がとってもエキサイティング

XL1200Rの試乗車は乗車経験有りますが、あきらかに
XRの方が全域で力強く感じました。

特に優れているのはブレーキ、ノーズダイブも少なく
かなりのきき具合と、握力にリニアに反応する感覚の
フロントWディスクはコレだけTD号に移設したい位です。

高速道も試したかったですが、今日はかなりの強風だったので
慣れない試乗車でハードに試すのは危険だと思いましたし
タコメーター見っぱなしで疲れてきたのでやめました。

Cimg1362

・・・では、XR1200は「買い」のハーレーか??

慣れてないせいも有りますが、走行中にある種の「緊張感」がありますし
真っ直ぐの道をゆっくり走っていては、ちっとも面白く有りません。

低速トルクもそこそこ有りますが、むしろ1段低めのギアで
3000~6000rpmキープしながらの「カリカリ走行」の方が
楽しめそうな性格です。
タコメーターの目盛りの位置も、「この回転で走れ!」ってな
主張をしてるようです。

TDがあと15歳若かったら「アドレナリン放出バイク」として
マフを2in1にしてEFIチューンして乗りたいカモですが
今のライフスタイルには合わないように感じました。

素の1200も試したくて、DラーにXR1200返却後
すぐに1200Nを借り出して同じコースを走ってきましたが
緊張感無くノンビリとドコドコ、タコメーターなんて
付いてなくて全然OK。

Cimg1363

取り回しの良さからも、改めて「スポスタ」の良さを感じました。
ただし、リアのローサスはNGです、まったくサスのお仕事してません。
(883Lや1200Lも同様なのかは?)
XRのアクセルレスポンスが余りに良かったので、アクセル開度が
違う設定かも知れません(未確認ですが)

Cimg1364

結論
現行09最新型ハーレー含めた全ラインナップの中で
1位は⇒TD3号!!
2位は⇒TD1号!!
と言う事が判明しました (^^)/
   ↑
結局コレが言いたかったのか ・・

米本国ではすでに883Nが発表になっていますが
日本国内で、スポスタの883と1200の価格差が
ちょっと大き過ぎるように思っているTD的には
アロイホイル付きのソチラの方が魅力的に感じます。

上記あくまで「私見」に基づいた内容なので
この文章を読まれた方の購入参考にはなりません。

ご自身で「試乗」されて、ぜひインプレをTDにも
御知らせ下さい (^人^)

長文お読み頂いた皆様、多謝であります m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

マッタリ宮が瀬MTG

お仕事の関係で水曜日しか休みの無い

ハーレー仲間のHideさん、前から自慢の

「硬式グラブ」でTD息子と「キャッチボールがしたい」と

リクエスト有りましたが、なかなか実現しません

一方、大学野球のシーズンが始まっちゃうと、なかなか

ハーレーに乗るチャンスの無いTD息子

オフの間に「ハーレーに乗りたい」と言うので

急遽平日チョイ乗りMTGを計画したら、何故か

大勢参加表明あり、皆さん会社や社会から

あまり重要視されていないようです・・・

東名組は、海老名SAで待ち合わせ

Cimg1298

バイクは我々だけです。

Hideさん・いちだいさん・Ariさん・ミスターさん

TD1・3号合わせて6台集合

Cimg1300

ウルトラCVOが2台並びます。

揃った所で厚木ICからドコドコと宮が瀬に向かいますが

早くも無線で「オバカな話」が始まります

宮が瀬の「ふれあいの館」に到着すると

休日はあれほど多くのバイクが来てるのに

今日は我々だけで貸切状態

Cimg1301 アクアさんTakaさんも

到着してました。

Cimg13162

おひさしぶりのアクアさん。

しばしマッタリ

Cimg1314

血糖値の下がったTakaさんが「ハラ減った~」と言うので

皆で早めの昼食です。

Cimg13082

これっぽちじゃ

喰いたりね~!

さて食後の腹ごなし、本日のメインイベント

ガラガラの宮が瀬駐車場で

HideさんとTD息子のキャッチボール

Cimg1309

Hideさんなかなか良いフォーム。

Cimg1310

相手は現役大学投手。

およそ40球程度でしょうか?

もうHideさん息が上がってます

Cimg13122

御疲れ様

昼食の「天丼」だけでは食べたり無いTakaさんが

「美味しいデザート食べに行こうと言うので

宮が瀬を後にして、ドコドコと8台で走りはじめます。

Takaさんの得意な細い山道を暫く走って

到着したのは「県立藤野芸術の家」

http://www.fujino-art.jp/

Cimg13182

デザートです

先ほどのキャッチボールで、Hideさん

指がハレちゃいました。

Cimg13192

痛いよ~

平日でガラガラなのを良い事に、ここでアクアさんの

いつもの「エロエロ下ネタ」が爆発

とてもコーヒー飲んでるようには思えません

ほとんど宴会状態です

1時間近く大騒ぎして、集合写真を撮影して解散しました。

平日に遊ぶと、とてっもリッチな気分ですね~!

Cimg1321_2

参加の皆さん御疲れ様

次回は2月11日に、仲間と「房総半島暴走」計画中です

おまけ

食べ過ぎHideさん

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

今年も豪華に新年会

恒例となったハーレー仲間の新年会

今年も、南房総の「大浜」さんで行います。

しかし天気予報が・・・

ギリギリまでハーレーで行くか車にするか迷いましたが

初日は豪雨・強風の予想なので、TD家族全員車に乗って

向かう事になりました。

しかし、アクアラインを渡った頃から日がさしてきて

南房総は良い天気

久しぶりにハーレーでのツーリングを楽しみにしていた

TD息子、「あ~バイクで来たかった!!」・・と

海に向かって吼えまくります

Cimg93163

別に服は脱がなくても・・

参加メンバーも「大浜」さんにボチボチ集合

結局誰もバイクではやってきません

風呂に入ってマッタリしてから

新年会の始まりです。

南房総さんのおかげで今年も豪華な料理です

Cimg93322

コレはほんの一部

飲み放題につられ、皆飲みまくりで

例年同様ハチャメチャな盛り上がり

Cimg93362

怪しい関係

ダイブ/Taka

今年はカラオケ機械も出してきて

宴は 「大カラオケ大会」 になってきます

Cimg93443

マイク離さない

ヒラさん

貸切だから良いですが、全員で大合唱したりして

もう大騒ぎ、もちろん途中から記憶も有りませんが・・

今回幹事のメガスピ・ツレメ新婚夫婦

Dsc031412

間もなく2世誕生予定です

18時から始まった大宴会は、日付が変わっても

まだまだ続いた・・・らしい

さて翌日はくっきりと富士山が見える

雲ひとつ無い晴天

あ~バイクで来たかったよ~

Dsc031742

大浜前で全員集合

ココで「南房総」さんには別れを告げて

全員で 「旧海軍の防空壕跡」 を見学に行きました。

Cimg93693

バイクヘルじゃなくて

ドカヘル着用です。

皆で神妙に戦争当時の傷跡や、ガイドさんの

説明を見聞きして来ました。

そこからは、地元メガスピちゃんおすすめの

「ピーナッツ」 のソフトクリームを食べに向かいます。

Cimg93813

これは美味

昨年同様 「大盛り上がりハチャメチャ」 新年会でした。

いい歳の大人の集まりなのに、子供じみたイタズラや

おバカな話の連続で、お腹の痛かった2日間

幹事メガスピ・ツレメちゃん、大浜の南房総さん

お世話様でした~、 また来年もやりましょう

オマケ

TD家族は、イルカやシャチのショーを見てから

帰路に着きました

Dsc032843

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »