« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月28日 (水)

アマ無線の税金

複数のバイクで走行する時、アマチュア無線機の搭載は

バイクツーリングでは非常に便利で有効です。

信号待ちで隊列が切れたり、右左折時に後続車を

待ったりする事無く、無線連絡で同行車全員に連絡

する事で、より安全で敏速にに団体走行が出来ます。

また万一の場合でも、緊急に連絡取れ合います。

TDは自動二輪より早く、昭和45年にアマ無線の免許を取り

一時はけっこうアクティブに運用していましたが

携帯電話の普及などもあり、一時期免許更新もせず

まったく無線の世界から遠ざかっていました

Cimg12762

当時は「郵政省」の管轄。

05年にハーレー(TD1号)を購入した時に

切れていた免許を更新しましたが、無事に

昔から愛着の有るコールサインを再度交付してもらい

KTELのヘッドセットなどを装備して再開局しました。

現在固定運用はしてませんが、仲間とのツーでは

便利に交信運用しています。

さて、久し振りにアマ無線の世界に戻ってきたら

何と管轄が「総務省」に移っており、おまけに

運用には「電波税」がかかるとの事。

本来「電波」は「公共」のモノで、利用者に

課税されるのは納得出来ませんが、まあ

年間500円なんで文句言わず納税してきました。

Cimg1278

お代官様の通達

500円払いやがれ!

さて今年も納税期になり、総務省から年貢の取立て

開封してみると、何故か今年は300円

Cimg1273

おらおら、年貢だぞ

何故か判りませんが、税金が下がったらしい・・。

まあ取り合えずコンビニから納税振込みしましたが

300円の徴収に、いったいどれだけのコストを

かけているのでしょうか??

まあ利便性を考えると、今後も更新は続けるでしょうが

500円でも300円でも、どうも納得行きませんね~

おまけ

無線の免許証を引っ張り出してきたら

懐かしいライセンスが出てきました。

昭和51年発行の「富士スピードウエイ」のライセンス

日産A12エンジン(OHVの傑作)のサニーや

CB750などで走っていた頃のものです(笑)

Cimg12802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

「ワコーズ」オイル基礎講座

この2~3年、国内二輪車の新車販売は

ハーレー・ダビットソンの 「1人勝ち」 らしいですね~

東京都23区内に在住のTDですが、ココ1~2年の間に

自宅からバイクで30分圏内に正規Dラーが次々新規開店して

恐らく小一時間有れば5~6店舗は廻れる距離です。

その中の一つ、杉並に有るDラーさんからDMでイベントの

御知らせが有り、その後携帯にまでお誘いのTELを頂いたので

技術的な興味も有ってちょっくら参加して来ました。

Cimg1231

ケミカル関係で有名な

ワコーズさんの講習会です。

「ラスペネ」 や 「バリアスコート」 など、このメーカーの

製品は日頃からけっこう愛用しているTDですが

愛用者としての疑問点も有り、お誘いに乗っかって

色々ご説明を伺って来ました。

Cimg1232

ワコーズの営業の方が

講師として説明されます。

オイルテスターを用い、擦動部分の消耗等や油膜の

重要性などをデモ説明されます(ただし常温でのテスト)

Cimg1230

オイルテスターの実験は

過去にも何度かTDは見てます。

大きなトルクを掛けて、実際に金属どうしの擦れ合わせを

デモンストレーション、ワコーズのオイルは流石に優秀です!

Cimg1229 Cimg1233

各種製品個々の説明もジックリ聞かせて頂きました。

当然TDは愛用品に関しては色々質問

「バリアスコートを高温なエキパイに塗布しても良いのか?」

「バリアスコートは本革に塗布した場合効果有るのか?」

「ビスタックをドライブチェーンに潤滑剤として使用可能か?」

「テフロンやニ硫化モリブデンとの添加効率の違いは?」

・・など、矢継早に質問させて頂きました。

他にも色々TDが日頃疑問に思っていた各種の質問を

ぶつけさせて頂きましたが、すべてに実演を兼ねて丁重に

お答え頂き、納得したし理解もしたし・・。

おぉ、ワコーズさんの営業Iさん、ありがとうございました!

Cimg1234

その後実車に「バリアスコート」を

塗布する実演です。

TDははっきり聞いちゃいました

「プレクサスとバリアスコート、どちらが優れてるの?」

・・流石はワコーズの営業マン、それぞれの特長や

特性などをしっかりと説明されてました。

Cimg1237

TD注(それぞれに特長が有り

ユーザーの使い分けがベター)

TD一押しの防錆潤滑剤 「ラスペネ」 ですが、逆さにしても

斜めにしても、安定した噴霧する謎が今回理解出来ました。

Cimg1238

内部吸引構造が

ちゃんと液面に追従してる!

当初1時間の予定の講習会でしたが、TDの質問が

多かったせいか、タップリと2時間越える内容に・・

でもこの会社の製品に付いて、より良く理解出来たと

思います。

主催されたHD杉並さんと、関係者の皆様には大感謝です

今後もこのような催し物には、積極的に参加したいと

考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

インジェクションチューン

最近はHPの更新もサボって、たまにブログの更新を

しているだけの 「TDの部屋」 に、多くに方が訪問され

ブログにコメントして頂ける方々や、DMを送って頂く方々には

感謝感激の管理人TDです。

特にメールを送って頂いた方とは、新しい出会いであり

その後直接お会いしたり、一緒にツーに行ったりなどの

関係になる事も多く、ありがたく感謝しております。

一方、メールを送ってくださる多くの方が「質問」事項で

TDも可能な範囲でお答えさせて頂いております。

今日までご質問のお問い合わせを頂いたメールの

70%近くは「インジェクションチューンに付いて」

20%は「FXDLのハンドル交換と警告灯の移設」関係で

TDが自身で最も悩んだカスタムの関係が、多くの方に

取っても同じような課題で有る事が判ります。

HPの「性能カスタム」にも記載しましたが

TDは06FXDLIを購入したその日にマフラーを

SEのHDロゴの物に交換しちゃいました。

(後にMSブラスを経てSE2になりましたが・・)

その後SEの吸入効率の高いエアクリを装着し

特に高回転でのトルクや吹き上がりは抜群になりましたが

一方低回転でのトルクの抜けや、クシャミ症状など

思っていた方向とは違う事も多々有りけっこう悩みました。

当時(06年)すでにHDのオフィシャルサイトでインジェクションの

吸排気やGASの設定を変えるチューニングKITが

発売されている事は知ってましたが、まだ日本国内には

正式導入されておらず、TDは悶々としてました。

フューエルパックなどの、いわゆる「サブコン」なども

次々発売されて、それらを試したオーナーさん達に

色々聞いたり、海外のサイトの情報を見たりしてましたが

06年の秋に国内でも正式に

「スクリーミンイーグル・レースチューナキット」が発売され

行きつけのDラーさんに、米本国でこのチューンを

かなり経験されている方がいると言う事を聞いて

お会いして色々話を聞かせてもらいました。

Cimg4714 KITは、CD1枚と

カプラーが1個

コレで国内定価10万円超です。

余りに高額ですし、TDの理想とする設定に仕上げてもらうには

ダイノジェット(シャシダイナモ)に車両を載せて、エンジン回転数に

合わせた詳細設定が必要らしい・・(別料金)

その昔(四半世紀以上前の大昔)国産750ccで高地の

FISCOなどを走っていたTDとしては、当時メインジェットを

いくつも準備して現地でキャブ調整などをしていたので

何となく判らないでも無い(決して詳しくは無い)が

ようは現代の環境問題や排気ガス規制等で

・窒息寸前の空気導入量

・餓死寸前のGAS供給量

・糞詰り腸爆発一歩手前の排気効率

・・の三重苦のストック状態から、窒息と糞詰りを

改善させた状態で、餓死状態に陥っているTD1号を

救うには、コレしか無いと判断した訳です。

直接メカニックさんと会って話す事数回、その後

メールのやり取りで疑問に答えて頂く事も数回。

最終的に、まさに「清水の舞台からバンジージャンプ」の

覚悟でチューンをお願いしちゃいました。

ダイノジェットでの計測データをFAXで送ってもらいながら

TDの希望を再度確認したり詳細を詰めたりと

何度かのやり取りが有って「完了」の御知らせをもらい

10万円を大きく超える支払い金額を持って引き取りに

行った時「はたしてどれだけの変化が有るのだろうか?」 と

思っていましたが、川越に有るDラーさんでTD1号を引き取り

関越高速に乗る前にグルッと下道を走っただけで、余りの

変化に 「ビックリ!」 思わず再度Dラーに戻って報告した

ほどでした。

07年以降、全HDがインジェクションとなり、それにあわせ

多くのメーカーからインジェクションの設定が変えられる

システムが開発され販売されるようになりました。

選択肢が増える事はオーナーとしてはありがたいと思います。

決してSEの製品が唯一のモノでは無く、今後はもっと多々の

製品が登場して来るとも想像しています。

ご質問を頂いた皆様には、トルク特性や最大馬力など

TDの知りえる範囲で情報を返信させて頂いてますが

インジェクションの設定を弄るのは、PCのキーを

パタパタ叩く作業だけなのに、エンジンの性格が

ガラッと変わる技術的にも非常に面白いカスタムです。

TD1号の経験から、TD3号発注時は、ハイフロエアクリと

EFIレースチューナーKITは同時注文しちゃいました。

(マフラーは違法なのでDラーでは受付ません、為念)

今の所、TD3号のトルク特性にも大満足しています。

しかし、違法コピー対策は理解出来ますが

同一オーナー複数台HD所有に関しては、2台目以降は

何かしらディスカウント有っても良いと思っています。

もし疑問点が有ればお問い合わせ下さい

TDの判る範囲でお答え致します。

また、ぜひ他社品の情報も御知らせ下さい、TDは興味深々です

06~のハンドル(ライザー)交換や警告灯の移設に関しても

近々基本情報をブログにUP致します。

読んで頂いた皆様、お付き合いありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

マッタリの週末

TD3号と同じFLHTCU3-CVOに乗る

「いちだい」さんからご連絡有り

「TDさん、明日インジェクションチューンの再設定しに

西東京Dラーに行きますよ~」との事。

12ヶ月点検に出しているミスターさんにも連絡取り

グリップヒーターの修理完了のTD1号引き取りがてら

土曜日3人で一緒に昼食後Dラーに行く事になりました。

ミスターさん、ハーレーがDラーで点検整備中なので

娘さんの愛車(ビックスクーター)で集合です。

Cimg1186

バイク交換して乗ってますが・・

まずは腹を満たします。

Cimg1181

ステーキランチ千円也

SEのスーパーレースチューンキットを装着済みの

「いちだい号」ですが、若干アフターが出るようで

今回再設定です。

シャシダイナモで詳細設定したTD3号の設定データを

参考に、今回全域で若干空燃比率を変更し

燃料を濃くします。

PCに向かってパタパタ詳細設定に勤しむYメカさんの

作業を待つ間に、我々オッサン3人は、ちょっと近所を

一回り

「ダイナに試乗したい」と言ういちだいさんに

グリップヒーターも完治し点検も修了したTD1号を

お貸しして、TDはミスター号のタンデムシートに

乗り込み、多摩湖方面に出発しました

Cimg1188

西武ドーム近くのコンビニで

ちょっとコーヒータイム。

TD1号には、娘の米国土産「スカルダービーカバー」が

取り付けられて、益々カッチョ良さがUPしてます

Cimg1190

いちだいさん、かなり

ダイナがお気に入りのようで・・

いちだい奥様近々大型自ニ免許にチャレンジされ

いちだい2号(スポスタ)に乗られるらしいですが

スポスタとウルトラCVOの2台の組み合わせでは

御夫婦でツーリングペースが合わなくなる可能性も有り

ココはもう1台「ダイナ」も購入されてはいかがでしょうか

(ホントに買いそうにお見受けしましたが・・)

さて、オヤジ3人「キャッ・キャッ」と楽しんだショートツーから

Dラーに戻り、YメカにからPC画面などを観ながら

インジェクションの詳細設定などの説明を受けます。

Cimg1192

ココをコーして

アソコをアーして・・。

早速試乗した「いちだい」さん、トルクも増して大満足のご様子

排気音もハギレ良くなってました

PCのキーをパタパタしただけで、トルク特性やエンジンの

性格までもが大きく変わるのは驚きです!

結局時期カスタム計画など、オッサン3人の話は尽きず

気が付けばとっくに閉店時間オーバー

西東京DラーのN店長・Yチーフメカさん

本日は色々ありがとうございました

帰りに途中まで青梅街道を併走した「いちだい」さん

お顔がニッコニコだったんで、かなり満足行く

設定になったようです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

TD1号トラブル発生!

先日かじーさんの「エボっち」見学に行った時、どうもグリップヒーターの
調子が悪い(設定値に対して温度が低い)感じだったので、帰りにTD3号
引き取りがてら1号をDラーに預けてきました。

Is1304aoimg216x2161231304291iqzrhd3

Is1304aoimg600x45012313043092zzdx_2

05年暮れのTD1号発注時、ちょうどDラーの「暖かキャンペーン」と言うので
1号にはサービスで最初からグリップヒーターが装着されており
すでに3シーズン(この冬4シーズン目に突入)お手手ヌクヌクと愛用してましたが
通常温度設定値3~4で充分暖かく、最高値などにしたら素手では触れない位
アチッチになるのですが、久しぶりに電源入れたら設定4位ではまったく低温。
結局最高値設定でなんとか常用温度と言う症状でした。

本日DラーからTEL有り、左グリップのダイヤル部分が不良で
片側交換必要との事です。

メカに色々聞きましたが、どうもHD純正グリップヒーターは
バカ高いのにけっこうトラブルが多いらしい・・ (+_+)

社外品なら2万円もしないで同等性能のヒーターがいくらでも有りますから
あえて純正を選ぶメリットは??なような気もします。
(でもデザインや配線内通しのカッコ良さは有りますが・・)

もし純正を付けるなら必ず新車時(3年補償が付きます)に装着しないと
単品後付けだと1年しか補償効きません。
また夏場はまったく使用チャンス無いですが、補償期間内に時々は
作動チェックする事をおすすめします。

TD1号はすでに納車3年経過してるのでクレーム扱いにはなりませんから
社外品が新品でもう1セット買えるような費用がかかりそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

お散歩走り

快晴の日曜日、気温は低いけどバイク日和です。

事故以来2ヶ月近くもハーレーに乗ってませんが

もう限界です

朝風呂に入って、入念に首を温めてから、慎重に

TD1号で走り出しました。

電熱ベストも首周りまでしっかり回し、いつもより

温度は高めに設定します。

久し振りにヘルメットを装着しましたが

思ったほどの違和感無く少し安心しました。

娘の米国土産を取り付けて、ブレーキキャリバーも

キラキラ光ってまたまたTD1号はカッチョ良くなってます。

Cimg1159 Cimg1160

久し振りのハーレー走り、快適です~

新青梅街道をどんどん下り、向かったのは

横田基地前の「デモデ」です。

ここでcazzyさんとドッキング

Cimg1149 車高も落とし快適装備も

満載だったストボブ手離して

なんお「エボ」にお乗換え

グリップヒーターもETCもタンデムステップも有りません

フレームまで切って、潔いカスタムエボハーレーです

Cimg1150 Cimg1153

2人で「デモデ」でホットドックを食べながらマッタリします

Cimg1151

しかしcazzyさん、エボとは

思い切りましたね~

さんざんマッタリとエボ話を聞いた後、お別れして

西東京Dラーに向かい、事故の直前から預けたままの

TD3号を引き取りに向かいます。

久し振りに、TD1・3号が並びました

Cimg1161

世界で1番カッチョ良いハーレーと

世界で2番目にカッチョ良いハーレーです

TD3号のフューエルキャップにも

娘の土産の「スカル」が付きました

Cimg1154 Cimg1155

キングツアーパック後方のバッチも交換されて

前後2箇所にスカルマークが付きました。

TD1号は、CCバーの後ろにスカルバッチが

付けて有りますが、今度はダービーカバーを

交換して、1・3号供にスカル2個づつで

バッチリとキマル予定です

日没前に自宅に帰ってきましたが

短時間ながら久し振りにハーレーに乗れて

大満足! いよいよ本格復帰や長距離ツーも

視野に入ってきました(ワクワク)

事故後の後遺症が心配だった愛犬「ダイナ」君も

最近は少し元気が戻ってきた様子

Cimg1170

春の訪れが待ち遠しいですね~

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

娘のお土産

謹賀新年

年末年始は治療に専念し、もっぱらアルコールで

体内を消毒していたTDですが、TD娘は休暇を利用し

米国西海岸にお気楽旅行

ディズニーランドへ行ったりラスベガスに行ったりと

相当楽しんできた様子です。

ラスベガスではハーレーダビットソン・カフェで

しっかり食事もしてきたらしい・・

Hdc2 Hdc1

TDは20年ほど前にオープンしたばかりのNY店に

行った事が有りますが、その後店舗が増えてるみたいです。

・・で、お約束のキャプテンアメリカ(ワイアット号)に

跨るTD娘

Hdc3

両替レートが1$90円だったそうで、まったく

良いタイミングの旅行だったようです。

お父上へのお土産は、現地のTシャツ(でかい!)

Cimg1120 Cimg1121

Grand Canyon Harley-Davidsonの

Dラー名の入ったライターなど・・。

Cimg1122

ホントは色々純正パーツも頼みたかったのですが

ハンドキャリーで余り重たい物も頼めないので

スカルマークのダービーカバーや

フューエルキャップドアとBキャリパーインサートなど

小物を少々買ってきてもらいました。

Cimg1129

ヒカリ物やスカルが増えて

益々カッチョ良くなる予定の

TD1・3号です

国内定価だと合計2万7千円するこれらのパーツ

円高のおかげで合わせて9千円ポッキリ

ヘルメット装着がやや心配なのと

後方確認に不安が有るので、まだしばらくは

バイクに乗るのは躊躇しますが、せめて

カスタムパーツで楽しみます

皆々様、今年も宜しく~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »